x115xTAYLOR

XP10 PLATE CARRIER STANDARD SETTING

92,880円(内税)

  • COLOR
購入数
x115xTAYLOR製
XP10 PLATE CARRIER [STANDARD SETTING]
MULTICAM BLACK500D
SOLID BLACK500D
RANGER GREEN500D
専用スイマーカットダミープレート付属 SM兼用サイズ
¥92.880

布でなくては成立できない、布だからできるデザインを。
日本人だからこそ、職人でデザイナーなx115xTAYLORだからこそできる繊細で綿密なデザインを。
技術的に可能な事、デザインのために必要な工程をすべて詰め込んで今できるベストなプレートキャリアを作りたい!
そういった飢えからx115xTAYLORはプレートキャリアを仕立てました。
それが本日ご紹介させていただくXP10です。


スタンダードセッティングは以下のセット内容となっております。
*前面/背面パネル
*ショルダーストラップ
*ショルダーパッド
*カマーバンド
*サイドパッド(脇用)
*マガジンポーチユニット(AR用オープントップ2連)
*高密度ウレタンフォーム製 専用ダミープレート

XP10のシンボルカラーとなったマルチカムブラックに加えて、今回初の新色ソリッドブラックが登場です。
マルチカムブラック仕様ではあえてTAN系を使用していたバックル類もソリッドブラックではすべて黒で統一したワントーンカラーとなっております。
ソリッドブラック仕様はアヴァンギャルド(前衛的)なデザインと、トラディショナル(保守的)なカラートーンが絶妙にマッチしていてマルチカムブラック仕様とは全く違った雰囲気になっております。
生地の状態からOO色でOOを作ったらこんな感じかな〜〜とイメージするものと、実際仕立ててみたアイテムとではやっぱりギャップがありまして、ブラックじゃ地味かなーと思っておりましたが見事に化けてくれました。

前面背面のパネル切り欠きから覗く専用スイマーカットプレート。
試行錯誤を繰り返し、デザインの為のデザインでもなく、機能の為のデザインでもなく、デザインと機能がしっかり融合して成立できたXP10の顔ともいえる部分です。

肩口は左右ともコブラGTバックルで接続します。軽量でクイックかつサイレントなリリースが可能です。
脱ぐとき、着るとき、利き手を選ばずとっても便利!
また、肩口をかなり内側によせて設計しております。肩の稼動範囲をかなり大きく取れると共にライフルのストックをしっかり体に当てて構える事ができます。



前面パネル胸部に接続されたマガジンポーチユニットはAR(M4)系マガジンをオープントップで2本携行できるタイプとなっております。

リップ部分が台形にせりあがっておりますが、これちゃんと意味がございます!

一般的にオープントップのマガジンポーチはすばやく片手でマガジンをドロウできてとっても便利ですが、、
片手でさくっと戻せる(挿せる)ポーチとなるとなかなか無いですよね。マガジンを挟むテンションが強すぎたり、バンジーコードが邪魔だったり、、
x115xTAYLORでは空マガジンは戻せるときはポーチに戻すスタイルを推奨しておりましてその為にも片手でしゅっと戻せるポーチが必要で
研究した結果このような独特な台形にせり出したリップをもったポーチ形状になりました。

このマガジンポーチの台形のリップ部分にマガジンの頭を添えて、そのまま押し込みながら靴べらの要領で滑り込ませる事でしゅっとマガジンをポーチに戻せます。
慣れれば視線を落とさず華麗にノールックでマガジンをポーチに戻せちゃいます。
またマガジンポーチにはエラスティックドローコードによるテンション機構がついておりますが、このテンションがマガジンを戻す際に引っかかりを生まないよう、ポーチの表面に樹脂製のシートを縫いこんであります。
エラスティックドローコードは樹脂シートを介して面でマガジンを抑えているのできつすぎず、ゆるすぎない絶妙なテンションでマガジンを保持できます。

さらに今回のモデルからマガジンポーチユニットのベース面側にも樹脂性シートを縫込み、ポーチ表面側としっかり挟み込める構造となり抜群のホールド感!!

さらにさらに、マガジンポーチのベース面側にスリップレジスト(滑り止め)シートを配しました。マガジン挿すとき、抜くとき、この滑り止めがレザーホルスターに銃を納めるときのような「ぬっ!!」としたしっくり感!!

オープントップマガジンポーチにはこれ以上もうなにもすることがないっす!!というくらいめちゃくちゃ鬼のように作りこんだのがこのマガジンポーチユニットです。